おすすめ書籍等

 

 

「読める!話せる! 26のコツで身につく中国語の基本」

 

   莫邦富・楼志娟 著  159ページ 日本経済新聞出版社 1400円

   

 基本書とはいいながら、他の基本書とは明らかに一線を画しています。

 他の基本書(初級本)は、ピンイン、基本文法 及び 簡単な表現 

 の記載にとどまっており、どれも大差がないという感じです。

 しかし、この書籍は中国人の筆者が苦労しながら日本語を習得する過程

 で、肌身にしみて感じた経験を生かし、自分の頭で考え抜き、整理し、

 日本人にわかりやすくまとめた本です。

 だからこそ、逆に日本人がどうすれば中国語を要領よく勉強できるかを

 よく理解しており、一読すると「なるほどなー」と感心すると思います。

 特に未知の単語に出会ったときなどは、我々には思いつかないような

 役立つ対処法が書かれていて、とても参考になります。

 これにより新聞等で未知の単語に遭遇したとき、辞書を引く手間を大幅に

 短縮できます。

 ある程度、勉強した方が読んでも参考になります。ページ数も多くないので

 日本語の個所だけでも読むことをお勧めします。